在宅中国貿易の鈴木正行について~自動収益化とは

「在宅中国貿易=鈴木正行」と言われるように、在宅中国貿易の世界では知らない人はいないでしょう。その在宅中国貿易に登場する「自動収益化」は、1つの重要なポイントです。専門店のネットショップは、売れるとショップ対応の社員を増員などスタッフの確保が必要となります。注文を受けると、注文確認とともにメール対応や倉庫から運び出して、梱包をして発送伝票を書くなど様々な作業が必要です。この一連の作業が「自動化」されたら、どんなに楽になるのでしょう。

在宅中国貿易で自動的に収入が入るしくみとして構築

在宅中国貿易の鈴木氏のビジネスモデルは、NHKや新聞、雑誌にも取り上げられています。マスコミが「主婦向けの話題」「ビジネスマン向けの話題」として取材するためには、新しい取り組み、他人と違う手法で、しかも視聴者や読者に有益な情報であるかどうかが問われます。
つまり、マスコミで取り上げられるということは一定の評価が得られたということができます。
マスコミが最初に目を留めるときのキーワードとして在宅中国貿易の「在宅」「中国個人輸入」が挙げられますが、ネットビジネスにチャレンジしたい人にとっては「自動収益化」がとても気になります。
中国から輸入した商品を、問屋を介して小売店が仕入れて販売するビジネスモデルは当たり前です。個人でも在宅で商売ができれば、主婦やビジネスマンの副業も在宅中国貿易が可能です。
しかし、中国から仕入れて「自宅で販売」しただけでは在宅中国貿易として新しい取り組みでもないし、そもそも商売にはなりません。インターネット販売は当然ですが、「自動的に利益を生む」方法こそが大きなポイントです。ここまでの発想としくみの構築こそ、在宅中国貿易の鈴木氏の名前が広まった理由です。

自動収益化までの発想はどこから生まれるのか?

在宅中国貿易ではなく、自動収益化の前にも、ヤフオクで仕入れてヤフオクで売るという転売ビジネスは行われていました。また、「せどり」という本の転売ビジネスも行われています。ヤフオクでの販売を発展させた方法が、自動収益化のしくみです。ポイントは、アマゾンのしくみをしっかりと研究した点です。
アマゾンが「FBAマルチチャネルサービス」を開始したのは、2009年10月16日です。アマゾンに出品していない業者の商品を在庫として保管、発送を代行するサービス(AmazomFBA)です。在宅中国貿易の鈴木氏が中国ビジネスを開始したのは2009年6月で、8か月間に基本モデルを作っています。その間にAmazomFBAが始まり、在宅中国貿易の鈴木氏は最新のサービスに注目し、素早く反応したことになります。
幸運の女神がほほ笑んだとも言えますが、普通の人はこういったサービスも見逃してしまうでしょう。在宅中国貿易の鈴木氏自身も、インターネットビジネスに関する知識も少なく、最初はうまくいかず悩んだようですが、寝る間を惜しんだ研究とチャレンジ精神が「新たなひらめき」とつながったのだと言えます。こうした努力でチャンスをつかむ生き方は、「人生維新~人生に維新を起こすその考え方と方法」という電子書籍を書いていることからもうかがえます。

自動収益化のメリットは時間に縛られない自由な生活?

在宅中国貿易の鈴木正行氏が採用した「AmazomFBA」は、在宅中国貿易の鈴木氏自身の生き方も反映しています。インターネットビジネスで副業収入を得たり、生活を実現する人が求める「収入」や「生きがい」とともに、「時間に拘束されない自由な生き方」を求める多くの人たちが抱く夢を具現化しているのです。在宅中国貿易の鈴木氏は、自身のホームページで自由なライフスタイルを紹介するように、モンゴルの訪問や活動を報告しています。
そんな在宅中国貿易の鈴木氏が展開しているのが、在宅中国貿易のスクールです。「成功、不成功は人によって違うが、一人でも幸せになれるようにしたい」というコメントをブログに載せています。自動収益化を実現し、普通の商売と比べると作業時間を減らして利益を生み出すことのできる人物ならではのコメントです。
こうした言動が鈴木氏の全てを表すわけではありませんが、自由な生活をめざす人たちにとって目標の1人であることには違いありません。

まとめ

自動収益化によるビジネスモデルは、アマゾンがFBAサービスを開始した時期に構築されています。ITのスペシャリストである天才たちが生み出した新しいシステムを、「普通の人間であろう鈴木氏」がうまく自分のビジネスモデルに取り込んでいます。在宅中国貿易の鈴木氏のひらめきと行動を考えれば、多くの普通の人にチャンスがあることの証明でもあります。鈴木氏の電子書籍にある「ジンセイは誰にだって、ひっくり返すことはカンタンだ~無名の男の手記」というタイトルから、情熱や集中して物事に挑戦することの大切さが見えてきます。

以上、在宅中国貿易の鈴木正行についてご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です