在宅中国貿易以外も!エキスポについて

アマゾンで稼ぐ方法は在宅中国貿易だけではありません。例えば、「Amazon輸出」です。在宅中国貿易で利益を上げるように、人気の高い日本の優れた商品やカルチャー関連商品を海外に向けてアマゾンで販売します。在宅中国貿易など中国からの輸入は簡単でしたが、商品の調達、販売方法、送付の方法、代金の受け取りなどさまざまな難問も出てきそうです。そのノウハウを教えるのが、在宅中国貿易の鈴木正行氏が副社長を務めるハイパーマーケティングホールディングス株式会社のe-ラーニングの「エキスポ」です。

個人の輸出ビジネスに必要なのは「貿易実務経験やスキル」ではない

北米や欧州、アジアなど世界中に輸出販売できるオンラインのマーケットプレイスもあるので、スクールで案内するシステムに慣れ、固有の特徴を理解するようにしましょう。
ここでは、イメージが描きやすいよう「Amazon輸出」を例に紹介します。
最初に、在宅中国貿易でなく、個人の在宅輸出ビジネスも「転売ビジネス」という認識を持ちましょう。Amazonでショップ登録をして外国人が購入したい商品を掲載、海外のお客様に購入してもらいます。
ここまで読んで、決済方法、発送方法、売れ筋商品はどんなもの?といった疑問が浮かべば、海外輸出ビジネス成功の可能性が見えています。貿易検定や貿易実務に意識を向けないで、単純に「成功者が紹介するしくみ」を受け入れるニュートラルな心理状態にあるからです。在宅中国貿易すごい!
一から輸出を勉強しなくても、しくみを知って、マニュアル通りに組み立てるだけの作業です。
販売はAmazonです。決済は、「Payoneer(ペイオニア)」に登録して海外で使える銀行口座を開設します。まず商品を登録、売れたら仕入れて在宅中国貿易のような日本郵便のエコノミー航空便や国際スピード郵便で発送します。
これが、個人が自宅でできる輸出ビジネスです。在宅中国貿易と同じく、貿易実務経験やスキルは必要ありません。

日本には海外で売れる商品がたくさんある

アニメやフィギュア、アイドルの写真集、ゲーム、家電品、時計、パソコン関連商品、カメラなど日本には海外で人気の高い商品がたくさんあります。マニアとして収集したり、商品知識や相場などに関連する知識があれば有利ですが、商売人の目でリサーチする技術を高める意欲があれば参入できます。
また、少し英語力は必要ですが、日本の伝統的な商品の販売をすることもできます。地元にある伝統工芸品などに注目しても良いでしょう。手づくりの古典楽器など、数えればキリがないほど海外のマニアが求める商品は浮かんできます。
在宅中国貿易に人気が集まった理由の1つに、円高があります。しかし、アベノミクスにより円安が進み輸入商品の差額は少し縮小してきました。逆に、円安になり海外輸出は利益が膨らんでいます。しかも、日本の定価の数倍で売れる商品もあります。今後、在宅輸出ビジネスは在宅中国貿易と同じように確実に伸びていくと考えられます。

エキスポで学んで月収100万円をめざす実践スクール

輸出ビジネススクール「エキスポ」も、ドル円相場が円安に振れ始めたことから生まれたコースです。ビジネスを通した稼ぐ力を身につけるスクールで、月収100万円を達成する受講生も多く輩出しています。まず、副業から始められるという強みがあります。動画配信などで学ぶ4か月のe-ラーニングですが、毎月、東京と大阪で対面セミナーも開催されます。在宅中国貿易とおなじですね。
宿題もあり、単に知識として覚えるだけではないという点も大きな特徴です。実際に商品を仕入れるにあたって、具体的なアドバイスを受けることもできます。
本格的に輸出ビジネスを学ぶため、実際に用意できる資金やどんな商品を販売したいかなどを自分で決めて、サポートを受けながら短期間(4か月)で成果を出す計画を立てましょう。しくみの活用法などは一線で成果を生み出したプロの講師から個別にアドバイスを受けることができるので、素早く利益を生み出したい方にお勧めの在宅ビジネスと言えます。在宅中国貿易同様ですね。

まとめ

在宅副収入を稼ぐビジネスは、在宅中国貿易だけではないことがわかりました。開業のために難しい知識も不要で、基本の作業は、アマゾンに登録、ペイオニアで銀行口座を開設するだけです。関心があれば、まず海外サイトを開いて、英語による商品紹介方法や価格などの研究をしても良いでしょう。英語力は少し必要ですが、翻訳サービスの活用もしながら慣れていくと、自分なりに「傾向」が見えてきます。コツが見えたら「エクスポ」の個別サポートを活用して短期間で成功につなげていきましょう。

以上、在宅中国貿易のように、他にもいろいろなビジネスがあるということです。