在宅ビジネスとは

インターネットの広がりとともに、個人が副業でもできるアフィリエイトやFX、在宅中国貿易、などの在宅ワークが拡大してきました。しかし、「不安定な収益」「リスク回避」など安定成長の面で多くの課題があります。そうした中、近年、関心が高まってきているのが「物流ビジネス」です。プログラミングや高度なWebデザインスキルがなくても、特技や経験をベースに実践ノウハウを学べば参入できるため、初年度の年商目標1,000万円をめざす人に適した在宅ビジネスの1つと言えます。

資格や特技を活かす在宅ビジネスと課題

パソコンの写真

在宅ビジネスには「特技・資格」や「商品の製造技術」など、自分が持つスキルが重要です。
1つの例として、在宅で教室を開くことができます。ネイル、フラワーアレンジメント、料理、英会話など自宅で手軽に教室を開設することができます。口コミ評判が広がれば、受講生の中から優秀な人材を育て教室を拡大することができます。1人の稼働時間には限界があるので、計画的に人材育成を進めることがポイントとなります。

もう1つは、ネットショップを開設して自分が作るオリジナル商品を販売する在宅ビジネスです。SNSなどを使って拡散に成功すれば、多くのファン客から購入してもらえるようになります。しかし、自分が用意できる商品を安定的に製造しなければなりません。アイテム数を充実させる対応にも迫られます。商品製造が間に合わなければチャンスロスとなってしまいます。お客様の信頼を失うと次回から購入してもらえなくなるので、規模拡大に向けた課題が出てきます。

年商1,000万円は安定収入拡大のスタート目標

在宅ビジネスは内職ではありません。最初に、経費を除く毎月の手取り額を25万円から30万円に設定する必要があります。売上利益率を35%とすると、月商80万円から100万円の売上が必要です。初年度のスタート目標を1,000万円に設定する理由は、「当初利益の確保」とともに「安定した収入拡大につながる」ビジネスモデル構築にあります。

物流ビジネスが注目されるようになった背景を、在宅ワークの流れから見ておきましょう。

在宅ワークの1つとして注目されたアフィリエイトですが、「大手クライアント企業の撤退」「良質な情報量の拡大(検索対応)」など大きな変化がありました。対応できたサイトは規模を拡大しましたが、その他多くの個人アフィリエイターは収入が得られなくなってしまいました。FXや株取引も、一定の余裕資金を持たず、一部の「勝ち組情報」に踊らされた多くの人たちが資金を失う結果になったのです。
在宅物流ビジネスの問題点は「販売商品の確保」と「効率的な販売システム」です。後述する「中国貿易ビジネスモデル」と「在宅ビジネススクール」という新サービスが、課題解消の提案をしています。

在宅中国貿易ビジネスとビジネススクール

ネットショップは「売れば売るほど」利益が拡大します。そのために、「物流量の増加への対応」と「マーケットの拡大が見込める」という2つのポイントが考えられます。さらに、「多様化する販売のしくみ」への対応も考えておかなければいけません。
在宅ビジネスの1つとして「中国貿易ビジネス」が注目されている点もここにあります。日本中のお店に、中国製品は溢れています。つまり、仕入れられる商品もしっかりとしたマーケットもあります。自社のネットショップとともに、アマゾンを利用すれば在庫リスクを抱えなくても販売できるようになり、多様な方法から選択ができるようにもなってきました。

さらに注目できるのは、在宅中国貿易ビジネスとともに海外輸出や国内物流専門、アパレル特化型のe-ラーニングスクール(在宅ビジネススクール)など「学べる場」が登場している点です。
膨大なマーケットがある物流分野の在宅ビジネス、特に在宅中国貿易は、プログラミングなどの特殊な技術やスキルがなくても、ノウハウを学習すれば誰にでも参入するチャンスが広がっていると言えます。

まとめ

「特技を活かす在宅ビジネス」と「在宅の物流ビジネス」を簡単に紹介しました。この2つのビジネスモデルに共通するのは「自分自身の得意分野を知る」ということです。在宅中国貿易だから「100円ショップと勝負できる」という発想は危険です。地域で圧倒的な支持を得る専門店と同じように、「誰にも負けない提案力と情報発信力」こそが、在宅ビジネスを成功に導く基本であることを忘れてはいけません。