在宅中国貿易の鈴木正行について~最近の動向

「在宅中国貿易」というキーワードで検索すると、「鈴木正行」という結果が表示されます。その鈴木氏は全国で無料セミナーを開催しています。「在宅中国貿易よりコンサル業の方が儲かるのだから、儲け主義だ」という話題も目に入りますが、ノウハウをベースに利益を上げることはビジネスの基本です。私たちは、「悪」だと思えば購入しないし、「自分にとって必要だ」と思えば、料金に関係なく商品や情報を求めます。在宅中国貿易の鈴木氏の人柄を探るために、最近の動向も含めて無料セミナーを見てみましょう。

無料セミナーを東京や大阪、名古屋、福岡で開催

在宅中国貿易の鈴木正行氏の最近のおもな活動として「在宅中国貿易」の無料セミナーの開始が挙げられます。「自動収益化」に向けた在宅中国貿易の概要、販売ページの作り方、売れる商品の見つけ方、作業時間を最小限に抑える方法の4テーマを掲げています。東京、大阪、名古屋、さらに福岡での開催です。
講座内容にも注目できますが、在宅中国貿易の鈴木正行氏の考え方が見える、気になるキーワードをサイトの中から拾ってみましょう。「行動する」「人生をイキイキ」「やれば理想を手にすることができる」「人生を変えるきっかけをつかんでほしい」などです。
セミナーは、リストラという苦難、試行錯誤のなかの在宅中国貿易の実践、そしてオリジナルのビジネスモデルを作り上げたことへの自信、こういった苦労と成功を背景にしています。
無料懇親会をセッティングしている点にも注目してみましょう。「経営者は孤独」と言われますが、コミュニティ活動にも力を入れていることからも、出会いを通じた情報交換や交流に強いこだわりを持っていることがうかがえます。「在宅中国貿易」という1つのプログラムの中で、互いに励まし合い、実践し、理想の生き方を全員で見つけるイメージを描いていると考えられます。

無料セミナーで学べる在宅中国貿易の中身は本物?

簡単にセミナーの内容を見ておきましょう。ホームページ上で公開されない、重要なポイントが「項目」として挙げられています。
中心テーマは、自動収益化のためのアマゾンによる販売法です。他の出品者との差別化やキーワード、売れる商品を選択するリサーチの方法、そして発送などの作業時間を大きく削減する方法です。さらに、利益が出た商品リストやリサーチ実演動画、アマゾンの販売システムに対応した具体的な販売方法などを無料で提供しています。
在宅中国貿易のセミナーの目的が、主催者のビジネスを拡大する1つの販売戦略の1つということは否定できません。しかし、それを「悪」とするのか「活用してみよう」と考えるのかは個人の選択です。
在宅中国貿易の鈴木正行氏の無料セミナーは、月商100万円を超える人たちも、1つの確信に迫るために参加しているようです。初心者は、在宅中国貿易の基礎知識、しくみや流れを自分で研究して、「自分だったらどうする」という具体プランを描いて参加すると良いでしょう。課題を知れば、在宅中国貿易の無料セミナーで質問をすることで核心が得られる情報を手にすることができます。

完璧をめざした中国貿易の研究を継続

個人が簡単にできるインターネットビジネスの世界で、ネットショップやアフィリエイト、ドロップシッピングなどが行われてきました。さらに、情報商材の販売もあり、アマゾンで電子書籍を販売することができます。
多様化はしていますが、実際に「お金」と「自由な時間」を手にする人はほんの一握りです。統計上の傾向から推察すると成功者は上位5%です。多くが、ほとんど報酬を手にすることも、それによって拘束されない時間を自己のために投資できていません。こうした実態を踏まえると、実店舗でも商売ができる「物販ビジネス」は、やはり商売の基本だと言えます。
鈴木正行氏の在宅中国貿易取引は、商売の王道で1つの成功例を作り上げた事例です。新たな方策を考えている人とって無料セミナーはチャンスかもしれません。ブログ記事にも見られる、「意欲のある人を1人でも多く幸せにしたい」「より完璧な在宅中国貿易を追求したい」という言葉と、モンゴルを訪問するなど、完成度の高い在宅中国貿易に向け努力を積み重ねている点なども注目しておきましょう。

まとめ

在宅中国貿易の鈴木正行氏は無料セミナーの開催とともに、在宅中国貿易スクールの副社長として実践的な在宅貿易スクールでの指導にも関わっています。しかし、在宅中国貿易スクールを受講すれば誰でも成功するわけではありません。このことは鈴木氏自身、ブログ記事で書いています。明確な目標を持ち、やり遂げる、その気持ちが強く持つ人に対して実際に目標を立てて中国貿易で売上を生み出す支援をするのがスクールのカリキュラムです。無料セミナーを通じてノウハウとともに鈴木氏の考え方に触れると、情熱や個性から強い刺激を受けることができるかもしれません。

以上、在宅中国貿易の鈴木正行についてご紹介しました。