在宅ビジネスの第一歩~在宅ビジネススクールでノウハウを学ぶ

ビジネスを開始する際に大きなネックとなる資金面を考えると、在宅中国貿易などの在宅ビジネスであれば小資本でも開業できます。しかし「ビジネス」として成長させるためには、「攻め」の姿勢が求められます。なぜなら、有望なビジネスであればあるほど、攻めなければ負けてしまうからです。在宅中国貿易のような在宅ビジネスといっても、攻め続けることによって「収益を増やすビジネス」を展開する気持ちが重要なのです。在宅ビジネスを始めるための3つのポイントから紹介します。

明確な起業モデルを描く3つのポイント

人間ひらめき写真

在宅で起業したいけれども、何をしたら良いかわからない、という方も多いことでしょう。
そこで、まず「関心があること」「好きなこと」「潜在ニーズと客層がイメージできること」の3つのポイントを紹介します。
普段、私たちは仕事をし、家庭生活を営んでいます。仕事を通じて「関心を持ったこと」、仕事や趣味で「好きなこと」を思い浮かべればアイデアは浮かんできます。
例えば、宅配便の配送業務の仕事に従事していて、届け先のお客様が注文商品の到着に笑顔を浮かべる姿を見ながら「仕事にやりがいがある」と考えれば、そのまま個人経営の宅配業を開始することもできます。仕事の効率化にも「関心」があり、仕事が「好き」という2つの条件は満たします。

では、3つ目の「潜在ニーズと客層がイメージできること」はどうでしょうか。ネット通販の拡大で宅配ドライバーが悲鳴を上げていることを考えれば、成長分野でもあります。しかし、それだけでは十分ではありません。「ニーズと客層」が絞り込めるかが重要です。
大手の下請け宅配にそのまま参入することも、毎月一定の売上確保を考えると大切です。しかし、その延長線上にどんなオリジナルのビジネスモデルがあるか明確にします。自ら新たなマーケットを作りビジネスとして売上を継続して伸ばす戦略を最初にイメージできることが重要です。

起業のための学習に求められる3つの目的

起業に必要なノウハウを習得する方法は大きく5つ考えられます。仕事で経験を積む、独学で習得、セミナーや交流会に参加、e-ラーニングを利用する、在宅中国貿易スクールなどのような在宅ビジネススクールに参加する方法です。
どの方法でも強い意志があれば在宅起業はできますが、問題は具体的にどんなことを学び習得する必要があるかを明確にしておくことです。例えば、前述した宅配業を在宅で開業したいと思っても、「収益モデルの明確化」「経営モデルの明確化」「集客モデルの明確化」をしなければ事業として成り立ちません。起業のための学習には、この3つをしっかりと「学習の目的」に置く必要があります。
「収益モデルの明確化」とは、1日何個配送して売上がいくらになるという明確な数字です。
「経営モデルの明確化」とは、初期投資や減価償却費、あるいは毎月のガソリン代や事務所や社会保険料経費はいくら必要か、利益はどのぐらい見込めるのかを明確に算出することです。
「集客モデルの明確化」とは、スタート時に確定する取引先や顧客数とともに、成長戦略も含めて「新規顧客開拓の計画」を明確にすることです。
以上の3点は、在宅ビジネススクールを選ぶときにも重要な要素だと考えておきましょう。

事業計画と経営計画の立案を書面化する

在宅ビジネスの構想ができ、成長戦略モデルもイメージできました。こうしたイメージは、スケジュールとともに明確に文書化して「計画書」を作成します。事業計画書は、自身の計画を明確にするとともに、例えば銀行融資、あるいは公的な制度融資を利用するときにも重要な資料となります。
上述した内容と重なりますが、「開業すればあとは信頼されながら少しずつ伸びるだろう」という安易な計画は止めましょう。第二段階の「成長戦略」と「挑戦時期」をあらかじめ用意しておくことです。
そのために必要な知識やスキルが、マネジメントに関する実践ノウハウです。在宅ビジネスを開業するときに、事業の進め方などは独学でも学ぶことができるかもしれません。しかし、ビジネスを開始すればマネジメント力が大きく経営戦略の実現に影響してきます。
例えば、新規集客なら「チラシを用意すれば」「ホームページを作れば」ということは簡単にできますが、「どう運用すれば」という点はほとんど知識がない、という点です。具体的なビジネスモデルとは、収益と成長を生む実践ノウハウのことです在宅ビジネススクールを選ぶ場合にもしっかりと見極めるようにしましょう。

まとめ

在宅中国貿易などの在宅ビジネスを開業するには「収益を生む具体的方法」「成長につながる具体的方法」「新規集客方法」など、習得すべき知識やノウハウが必要です。在宅ビジネスは、高度な知識を持ち高学歴の天才達が立ち上げるネットビジネスだけではありません。知恵とシステムを上手に活用して儲ける商売です。商売の基本である物流(物販)ビジネスや、経験を体系化した人たちが立ち上げるコンサルタントビジネスなど様々ありますが、「関心」があり「好き」なこと、そして「スキマのニーズを見つけ出す」思考を重ねノウハウを学べば誰にでもチャンスは広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です