在宅ビジネスを成功させるためのスクールを選ぶ3つのポイント

在宅ワーク開始に必要なスキルを獲得する方法の1つが、在宅ビジネスを専門に扱う在宅中国貿易スクールなどの在宅ビジネススクールがあります。大きく「インターネットサービス」「経営コンサルティング」「金融(株・FX)」「物販」などがあります。どれも簡単ではありませんが、一般的に言うとインターネットサービスやとコンサルタントの起業は「高学歴」「高度なスキル」「外資系企業勤務経験」など、発想だけでは克服できない現実の壁があります。そこでキャリアに関係なく開始できる「金融(株・FX)」や在宅中国貿易などの「物販ビジネス」を参考に、在宅ビジネススクールを選ぶ3つのポイントを確認しておきます。

学校のイラスト

マーケットに可能性はあるか?

小さな成功例に基づくスクールは多くありますが、その中から在宅であっても「ビジネス」として成り立つことを基準に考えてみましょう。最初のポイントは「マーケットの可能性」です。
ビジネスとして重要なことは、「時間に対する労務賃金」を得ることではないという点です。最初は自分が時間を使ってコツコツと作業をしながら対価を得ることから始めます。しかし、半年、1年後、2年後も同じ作業の繰り返すビジネスモデルは在宅中国貿易などの「在宅ワーク」です。

在宅ビジネスを志す人たちは、近い将来、物を動かし、人を動かし売上や収益をあげていくこと、つまりマネジメント能力を高めることでビジネスが拡大するシナリオを用意する必要があります。対応して、成長するマーケットにつながっているかを見極める必要があります。
「現状と将来にマーケット拡大の可能性があるか」を考え、在宅スクールのコースを選択することが重要です。自分が興味や関心を持ち、開始するビジネスモデルの中核となり得る可能性を考えてみます。

カリキュラムとコストパフォーマンス?

コースが決まれば、在宅中国貿易などの在宅ビジネススクールがホームページなどで公開しているカリキュラムをしっかり確認しましょう。ポイントを3つ挙げておきます。「ビジネスとして体系化されているか」「成功セオリーに基づく実践手法があるか」「コミュニティがしっかり構築されているか」と入った点です。

「ビジネスとして体系化されているか」について、金融講座を例に考えてみましょう。FXや株であれば、基本的な知識として移動平均線などテクニカルチャートの読み方を事例に基づいて紹介します。しかし、これでは「独学」の域を出ません。
例えば、「RSI(相対力指数)が70%以上になると、ほぼ間違いなく反発する」という傾向を、過去のデータから具体的に示せるかどうかが重要なのです。「こういう傾向にある」ではなく、「過去のデータから見てほぼ反発するので、次にこういうトレンドでRSI数値が70%になるときが取引のチャンスだ」ということが標準化モデルとして確立(体系化と実践手法)されているかどうかが重要なのです。
独学ではまず習得できない、具体的手法がデータとともに明らかにされる講座を選ぶようにしましょう。

意外と重要な在宅ビジネススクールのコミュニティ?

在宅ビジネスとして成立するために、体系的でありデータに基づいた具体的なカリキュラムで構成されているかを見極めることが重要だと紹介しました。3つ目は、コミュニティの有無です。
在宅であってもビジネスをする以上、経営者は孤独です。全責任が自分のスキルや努力にかかっています。自分で考え、行動しないと助けてくれる人はいません。

とはいっても、在宅中国貿易スクールのようなスクールであれば「同じ志」を持つ人たちが集まります。こういった仲間との出会いは、後に心の支えとなります。専門学校のように1年、2年と同じ学び舎で学習を続けるわけではありませんが、その時に知り合いになった人たちとの人脈や、意気投合した人たちとの交流を続けていれば、起業した後でも相談し合えることもできます。
コミュニティの運営は、スクールの方針や講師陣の経営方針に裏付けられていると言えます。いわゆる、自分たちが儲ければ良いというスクールや講師は、こういったコミュニティを敬遠しがちです。なぜなら、塾生が起業した後の「成果」に責任を持ちたくないからです。教える側がしっかりとした経営基盤とノウハウを確立しているスクールは、塾生たちの起業後の成功を本当に願って取り組んでいます。だから、継続した情報発信や情報交換などのコミュニティ運営をすることに抵抗がありません。

まとめ

在宅起業スクールはこれからも増えてくるでしょう。しかし、興味も関心もない、あるいは高度な技術力が必要とされる分野に飛び込むことは正しい選択とは言えません。「儲かるビジネスだからやってみよう」という考え方と、「儲かる可能性のビジネスを選択して拡大する」ことは違います。興味や関心があり好きなビジネスのヒントを見つけたら、在宅ビジネスを成功に導くスクールをしっかりと自分の意思で選び、具体的手法を学びながら実践的なイメージトレーニングも併せて行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です