代行サービス利用で誰にでもできる在宅中国貿易

商売の基本は「安く仕入れ」「高く売る(適正価格)」ことです。高く売るというと聞こえは悪いかもしれませんが、付加価値を加えることで「利益が確保」できるようにすることなので、ビジネスの観点から当然です。「仕入れ」と「販売」の2つを、専門的な知識や経験よりも「好きや得意」だけで実現する方法として注目されているのが個人輸入による在宅中国貿易です。海外から安く仕入れて国内で販売して利益を生み出す、有名企業のビジネスモデルが個人でもできるのです。

在宅オフィスの写真

個人で輸入できなくても海外通販なら購入できる

学校を卒業して海外貿易を行う企業に就職し経験を積めば、貿易関連の一定の実務は理解できるでしょう。しかし、関連のない仕事をして貿易の知識がない一般の人が、いきなり個人輸入を始めるとなるとハードルが高いと考えるのは当然です。

また、商品をインターネットショップで販売する方法はありますが、そう簡単に売れるわけではありません。「貿易に関連する知識や実務」「語学力」「販売ノウハウ」など、海外から仕入れて販売するためには解決しなければいけない問題があることも否定できません。
参考として、ジェトロ(日本貿易振興機構)が主に企業を対象に輸出業務に関連して実施している「貿易実務オンライン講座」を見てみましょう。レベル別に「基礎編」「応用編」「英文契約編」「中国輸出ビジネス編」があります。初心者を対象とした基礎編(輸入のみ)を見ると、輸入規制や関税、書類作成や信用状の確認、通関手続き、クレーム対応など、基礎編だけでも目が回るほどの知識が必要です。
ただし、これらは「輸入」業務です。個人輸入とは、海外通販サイトのネット通販で商品を購入すると考えれば、誰にでも可能であることがわかります。

貿易や輸入手続きを一から学ぶ必要がない

個人輸入による在宅中国貿易などのビジネスを行うために「通信教育」や「e-―ラーニング」で基本的な知識を学ぶことは無駄ではありませんが、語学力、販売システムの構築を含めハードルが高すぎます。
在宅中国貿易などのビジネスを考えるときに、大きく3つの方法が考えられます。
1つは、輸入したい商品を製造(もしくは卸)する会社と交渉し、輸入を行うケースです。当然、ある程度のロットや支払条件などBtoBの厳しい取引条件や交渉が必要です。商社を介する場合も同じでしょう。知識も資金力も必要です。通常、個人が在宅貿易で利用することはできません。例え小ロットで輸入が可能であっても、高い関税や支払方法など様々な問題が生じてきます。
そこで、個人でも簡単に在宅貿易ビジネスができる方法が、これから紹介する2つの方法です。
1つは、海外のネット通販サイトから購入して販売する方法です。もう1つが、海外のネット通販サイトからの購入をサポート(代行など)するサイトを活用する方法です。

インターネットサービスを利用して仕入と販売が実現

現在、行われている在宅貿易ビジネスの多くは「個人輸入」によって行われています。簡単にいえば、海外のネット通販サイトから「売れそうな商品」を購入して、「ネットで販売する」という手法です。海外サイトで購入した商品の2倍以上の価格で売れば、その差額が利益となります。

まず、想定できる課題をイメージしましょう。仕入はネットショップから購入できますが、サイトはすべて「外国語」です。アメリカのサイトなら英語、中国なら中国語で表示されています。問い合わせメールも外国語で行うようになります。
「売れ筋商品」を探し出すという商売の基本に関わる問題も大きな壁となります。仕入や販売システム以上に、「売れ筋商品」を掘り当てることがもっとも重要な作業だと言えます。

自分で海外サイトから購入することなんてできない、と考える必要はありません。そういった人のために個人輸入のすべてを代行するサービスがあります。手数料を払っても利益が上がるほど、特に中国製品は安く購入することができます。
同時に、国内でのネット販売の問題です。個人のネットショップの利用もありますが、ヤフオクやアマゾンで販売する仕組みをしっかりと熟知するようにしましょう。
仕入も販売も、便利なサービスを利用します。在宅中国貿易は「代行業者を通じて仕入れ」、「アマゾンのサービスで販売と発送も代行してもらう」というのが基本のビジネスモデルです。在宅貿易ビジネスの人気は、この手軽さにあります。

まとめ

個人輸入の壁は、オール日本語による購入もできる代行サービスも多く登場しているので低くなっています。個人が作業時間に対する報酬を得るよりも効率よく利益を生み出すことが可能な在宅貿易のビジネス人気が高まっているのも、こういったサービスが広まっていることが挙げられます。販売もアマゾンの知名度を利用する方法もあり、自分で顧客を広げる戦略と併用することでチャンスが拡大します。「便利なサービス」をどう利用するか、しくみを知れば在宅中国貿易がどんどんと身近になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です