誰にでもできる在宅中国貿易の魅力と運営ノウハウ

在宅中国貿易の魅力について簡単に紹介してみましょう。個人で海外から商品を輸入する方法は複数ありますが、在宅中国貿易の魅力を考えるにあたって3つのポイントが重要です。「利益率が大きい」「在宅の副業でもできる」「成長の可能性を秘めている」です。もっと簡単に言えば、必要なのは「商品の目利き(売れる商品を探し出す)」だけです。あとは、仕入も販売も自動的に行うしくみが構築できるというのが在宅中国貿易のもっと大きな魅力だと言えます。

中国製品を日本で売ると儲けを出すことができる

メイドインチャイナの写真

在宅中国貿易の具体的な方法を知るために、簡単に中国製品を手にすることができる「たおぱお(https://world.tmall.com/)」を参考にします。中国の通貨は「元」ですが、「1元=16.5円(2017.3月時点)」として計算してみましょう。
例えば、カジュアルなスポーツシューズは「53元」です。単純計算で日本円なら「875円」ということになります。日本で販売するなら「3,990円」で販売しても売れるでしょう。もちろん送料や手数料などがかかりますから、単純に3,000円の儲けはありませんが、1点販売するだけで2,000円程度の利益が出る商品が数多くあります。
つまり、中国製品は仕入価格が安いので、「安く仕入れて高く(適正価格)で売る」ことができるのです。しかも、品質もデザインも以前に比べて格段に上がっています。中国製品だから安かろう悪かろう、と固定概念は捨ててしまいましょう。売れると見込める膨大な数の商品が揃っています。

これが、ヨーロッパやアメリカ製品だと仕入価格も中国製品より高くなり、配送料も高いので利益率が低くなってしまいます。

仕入れも販売も代行してもらえるサービスが揃っている

在宅中国貿易を成功させる大きな柱は、「仕入」と「販売」のしくみを作ることにあります。
仕入には、大きく2つの方法があります。1つは、「たおぱお」のようなサイトから自分で購入する方法です。もう1つは、輸入代行サービスを利用する方法です。
販売のしくみも、2つの方法があります。自分で個人輸入した商品を、自分のネットショップを使って販売する方法です。もう1つは、「AmazomFBA」のように販売や発送を代行してもらえるサービスを利用する方法です。
つまり、自分で仕入れて自宅の一室に在庫を抱えて、ネットショップで売れたら自分で梱包して発送する販売システムもできますが、同時に、ほぼ全てを自動化することもできます。仕入は「代行業者」を通して行い、発送は「AmazomFBA」で行うだけで在宅中国貿易が成り立ちます。
代行業者も数多くあります。在宅中国貿易のために必要な作業は、売れ筋商品を見つけて購入商品を指定するだけと言うこともできます。

ビジネスとして成長の可能性があり個性を生かす商売ができる

「仕入商品の注文」だけで実際の貿易業務は「代行サービス」で行ってもらい、販売は「AmazomFBA」で完結するという便利な在宅中国貿易のビジネスモデルを紹介しました。
同時に、在宅中国貿易には発展性があることも忘れてはいけません。初期のトレーニングという考え方なら、売れそうな商品に注目するだけで、ほとんど他人任せでできるのが在宅中国貿易です。小遣い程度なら、稼げる可能性はあるでしょう。しかし、経験を活かしてビジネスを拡大することも考えておく必要があります。ビジネスとして成長の可能性です。
日本の多くの小売店は中国製品を大量に仕入れ、店舗で販売しています。例えば、カジュアルシューズでも専門店に行けば数千点の商品が並んでいます。在宅中国ビジネスも、最初は少しずつ商品を仕入れて慣れる必要はありますが、ビジネスとして成長を考えておく必要があります。

日本のお店に中国製品が溢れています。しかし、ビジネスとして成功するためには差別化が大きなポイントです。自分でネットショップを運営して、個性的な専門店をめざすことが成長のポイントです。
日本の小規模のブティックは、同じ商品を大量に仕入れることはしません。「あのお客様に着てほしい」と、お客様をイメージしてお勧めできる商品を仕入れます。数を売るのではなく、オリジナリティあふれる専門店として運営することによって、高い利益率が確保できるビジネスモデルを構築しています。
成長性のなかで個性が発揮できる点も、在宅中国貿易の魅力の1つだと言えます。

まとめ

在宅中国貿易の魅力と、仕入や販売を「代行サービス」に任せて運営できる方法を紹介しました。在宅中国貿易の人気が高まっている理由が少し見えてきたかもしれません。つまり、貿易に関する知識や実務経験がなくても「誰にでもできる」のが在宅中国貿易なのです。必要なのは、「自分だったらこういう専門店を開きたい」という明確なショップイメージと商品戦略です。在宅中国貿易は、無理のない方法で開始することができます。関心があればどんどんチャレンジしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です