在宅中国貿易の成功者が実践している商売の基本

初心者が在宅中国貿易を行うためには、中国のネットショップなどから個人輸入を行い、アマゾンや自分の運営するネットショップで販売するしくみを用意する必要があります。個人が在宅で行う転売ビジネスであれば、輸入も販売も「代行業者」が登場しているので難しく考えなくても開業できます。しかし、売れる商品を仕入れることはなかなか難しいものです。在宅中国貿易の成功者はどういう方法で「成功」を手にしているのか、簡単に流れとともに見ておきましょう。

中国のショッピングサイト「タオパオ」専門代行業者も登場

在宅ビジネスの写真

在宅中国貿易の人気が集まる背景には、転売ビジネスが拡大していることがあります。転売ビジネスとは、ネットなどで購入した商品をネットで販売してその差額を利ざやとして得るというビジネスモデルです。「せどり」というビジネスモデルとしても知られています。
在宅中国貿易も転売ビジネスの1つと言えます。商品を中国のネットショップから購入して、ヤフオクやアマゾン、さらに楽天などにショップをオープンして販売することができます。国内で仕入れる場合と比べると安く仕入れることができます。しかし、語学力や通関手続きなど自分で貿易をすることは難しく誰でもできるわけではありません。個人輸入で自分が使用する商品を購入するだけなら大きな問題はありませんが、転売ビジネスのための購入は継続して売れる商品を仕入れる必要があります。

そこで拡大してきたのが、転売ビジネスを行う人たちのための「代行業者」です。例えば、中国のショッピングサイト「淘宝(タオパオ)」専門の代行業者もあり、転売ビジネスを始める個人をサポートしています。

代行業者に頼めば注文と代金支払いだけの簡単な作業で完了

中国の有名なオンラインサイトには淘宝(タオパオ)、アリババ、チャイナマートなどがあります。慣れれば自由に購入できるようになりますが、最初は在宅中国ビジネススクールなどで「具体的手法」を学ぶことが成功の近道です。知識として学ぶよりも、実践手法を具体的に実践しながら経験を積むことが在宅中国貿易成功の近道だと理解しておく方が良いでしょう。
ここでは、具体的に「淘宝(タオパオ)」から商品を仕入れる方法をごく簡単に紹介します。

自分で仕入れる場合と、代行業者に依頼して仕入れる、2つの方法を紹介します。

自分で仕入れる場合は、タオパオのサイトを開いて目的の商品を探します。中国語で書かれているので、目的とする商品を探します。タオパオは中国最大のオークションサイトと言われ、膨大な商品数があります。また、同じ商品でも価格が異なるので比較する必要があります。
仕入サイトの特性をしっかり勉強することも、在宅中国貿易を成功に導く基本と言えます。

代行業者に依頼する場合は、代行業者に「依頼して商品URL」や「数量・サイズ」などの必要事項を送って代金を支払えば手続きは完了します。代行業者は、荷物が違っていた場合の対応も行っています。

売れる商品を見つけ出す3つのポイント

転売ビジネスは、売れる商品を見つけることがもっとも大事な作業となります。簡単に「価格調査」「検索キーワード」「選ばれるお店と品揃え」という3つの視点を紹介しておきます。

「売れる商品の探し方」については、在宅中国貿易のスクールや専門家が提供するサービスを選ぶ際の重要ポイントだと理解しておきましょう。ネット情報を集めれば知識は得られますが、「独自に導き出した具体的手法」であれば受講料を払っても学ぶ価値があります。
最初は「アマゾンの価格」を確認することから始めましょう。アマゾンで価格を調べ、仕入代行業者やアマゾンの販売システム「AmazomFBA」の手数料を考慮しながらタオパオなどから仕入れます。ヤフオクやメルカリなどもしっかりとチェックします。
市場価格の調査は重要ですが、売れ筋商品やトレンドに関連した「キーワード」から仕入れ商品を決めることもできます。ある程度、慣れてくれば「価格競争」だけにこだわらず魅力的な商品のラインナップによって自分のショップの魅力を高めるチャレンジができるようになります。

選ばれるといのが前提

最後に、「消費者に選ばれるお店と品揃え」を考えてみましょう。市場価格の調査方法や仕入方法、販売システムに一通り慣れたら、早い段階で自分自身の得意分野や情報を持ちうんちくもあるカテゴリーの専門店としてショップが成立するように戦略を緩やかに展開していきます。ジャパネットタカタがテレビショッピングで成功したように、自分のお店のお客様になっていただくことが商売の基本です。

まとめ

在宅中国ビジネスであっても、魅力的な専門店経営と同じです。商売の基本を誠実に積み重ねることを忘れないようにしましょう。個人輸入の場合、同じ商品を20点、30点と仕入れることはできません。個人輸入は、個人の使用目的であることが前提です。大量に仕入れると、高い関税がかかります。売れ筋商品を多く仕入れることで、利益が膨らみます。ネットサービスを活用した新規客獲得努力は重要ですが、一人ひとりのお客様を大切にリピーターを増やす地道な努力も忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です