在宅中国ビジネス~タオパオ専門の輸入代行業者で購入する方法

貿易経験や知識がなくても在宅中国貿易ができる方法の1つに、輸入代行業者があります。仕入(個人輸入)商品だけ選んで代行業者に依頼すれば、手元に届きます。また、届け先をAmazomFBAに指定すれば自宅が仕入商品で溢れることもありません。究極の在宅中国ビジネスの魅力とは、仕入商品を選ぶだけでできる手軽さにあるのです。在宅中国貿易の「しくみ」を理解するには、輸入代行業者を利用してみるだけでも十分です。注文ミスをしないようサイトの見方など詳しく紹介している代行業者を例に購入方法を見ておきましょう。

タオパオ代行業者だけでも50社以上?

輸入の写真

在宅中国貿易を行う場合に、中国のオークションサイト「タオパオ(Taobao.com)」を利用します。他にもありますが、代行業者の利用法ということでタオパオを例に紹介します。
「タオパオ代行」などで検索すると、「http://タオバオ代行.biz/」などが登場します。このサイトを見ると、50社以上が一覧で並んでいます。費用の項目には、為替レート、運賃、代行手数料、配送元、備考欄があり比較することができます。
最初に、業者を選んで申し込みをします。個人で輸入したい商品、手数料、送料のほか、アメリカなど他の国からの個人輸入やスマホ対応など手数料やサービス内容に特徴があります。代行業者の信頼性とともに、商品や物流量に応じた手数料など、手数料に関わる項目は特に慎重に検討しましょう。

また、在宅中国貿易で多くが利用するアマゾンでリサーチを行うサービスもあるので、販売方法もしっかりと計画したうえで代行業者を決めると良いでしょう。
書面契約などは不要で、タオパオで商品を選び代行業者のフォーマットで注文するだけです。支払が完了すれば、代行業者がタオパオから購入し商品が自宅へ送られてきます。

送料や代行手数料をプラスしても売上利益率は50%以上

在宅中国貿易の一例を見ると、「商品の代金2,000円(10アイテム)」「中国国内配送料500円」「日本の届け先への送料3,000円」、そして「代行手数料980円」を合わせると「6,480円」(売上原価)です。
この200円で仕入れた商品を、1,500円で販売します。10個全て売れると売上金額は15,000円です。原価の6,480円を差し引くと、8,520円(売上利益率56.8 %)が売上利益となります。中国から輸入すると、約50%の売上利益率が見込めます。
注文した商品が違う、サイズが違う、色が違う、あるいは届かない、破損しているなど、さまざまなトラブルも考えられます。また、売れ残るといったリスクもあります。売価もしっかり考えましょう。

商品トラブルについては代行業者が、商品の確認や見積もりを行う場合もありますが、タオパオで購入商品を決める前に「出品者の信頼性」を確認するなどチェックもできます。取引に慣れれば、大きな失敗は減ってくるので、実践を通して慣れていくことも必要だと言えます。

主婦が利用している代行業者「タオパオさくら代行」

さらに具体的にシミュレーションするために、ある主婦が利用しているという「タオパオさくら代行」を見てみましょう。為替レートは「当日レート+1円」です。当日の為替レートが「1元16.5円」だとすると、「17.5円」で計算します。
中国EMSは最初の500グラムまで78元(1,365円)、国際EMSは335元(5,863円)、さくら代行手数料は「2,000元未満120元(2,100円)」、2,000元以上は3%となっています。

単純に、500円の商品を10点購入すると「合計で約15,000円」という計算になります。バックやデザイン性の高い衣料品なら2,980円か3,980円の売値が付けられるので、売上利益率50%が見込めます。

さくら代行の注文は簡単です。タオパオのサイトで決めた商品を、フォームに記入して注文するだけです。中国の銀行口座を新たに設ける必要もありません。注文品と違うなどのトラブル対応も行っているので、中国語がまったく理解できなくても問題ありません。サイズなどの見方は、さくら代行に紹介されているのでチェックしておきましょう。

まとめ

いきなり在宅中国貿易という言葉を耳にすると「貿易=大変」と考えてしまいますが、実はものすごく手軽に利用できることが見えてきます。ここで紹介したように「商品の仕入れ」に関しては、代行業者に依頼すれば何の問題もなく、今からすぐにでも購入することができます。在宅中国貿易に関心が生まれたら、スーパーや100円ショップで販売商品の価格を見てみましょう。中国製の商品が3,980円で売られていたら、商品名を覚えておいてタオパオで調査してみましょう。意外な価格で購入できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です