在宅中国ビジネス~AmazomFBAで販売と発送を自動化

在宅中国ビジネスといっても自分で全ての貿易手続きを行うわけではなく、代行業者に頼めば簡単い「仕入」ができます。もう1つ、自動化したいことがあります。それが販売に伴う「発送作業」です。売れても、日々、梱包・発送の手間は大変なものです。その作業を代行するのが「AmazomFBA」です。アマゾンで販売して、アマゾンのセラーセントラルに商品を保管しておけば、自宅で在庫を整理したり発送する作業が無くなります。販売と発送をアマゾンが代行するしくみを簡単に紹介します。

AmazomFBAってなに?

輸入の写真

在宅中国貿易を行う人たちが利用する「AmazomFBA」のしくみについて簡単に紹介します。
「FBA」は、「フルフィルメントby Amazon」と呼ばれるアマゾンの「発送代行サービス」です。手続きは簡単です。Amazon出品サービスに商品を登録、出荷元を出品者からFBAに変更して、書類管理をするセラーセントラルから得たラベルを貼り付けた商品を預ける、という3つのステップで完了です。

アマゾンに出品して、売れたら、アマゾンが購入者に発送をします。決済もアマゾンが行うので、販売と発送が自動化できます。
FBAの利用は、購入者にとってもメリットが大きいことが挙げられます。FBAの商品は、送料が無料です。「販売価格1,000円(送料込み)」と「750円(送料250円)」という表示と、どちらに惹きつけられるでしょうか。ネット通販のキーワードと言える「送料無料」は魅力があります。また、販売価格支払方法もクレジットカードとともに「代引き」が利用できるので抵抗感も低くなります。
例えば、ネットで3万円の商品を購入することを考えてみましょう。アマゾンで購入するときに「商品が届かない」という不安はほとんどないはずです。

「Amazonへの出品」と「セラーセントラル」の手続きが必要

前述のように、商品販売は「Amazonへの出品」、梱包と発送は「セラーセントラル」で行います。これまでアマゾンでの販売を行っていない人は戸惑うかもしれませんが、まず出品をすることから開始しましょう。アマゾンでの販売に慣れることも必要です。
在宅中国貿易を行うためには、仕入と販売のノウハウが必要です。仕入は代行業者にお願いすることで日本のショップから購入する感覚でできます。販売は、自分のショッピングサイトとともに、「Amazonへ出品」して行います。在宅中国貿易のスクールの中には、売れ筋商品を見つけるためにアマゾンの活用法を具体的に紹介している講座もあります。また、売れ筋のリサーチを行っている代行業者もあり、「「Amazon.co.jp」での販売は1つのポイントです。

小口出品の登録は、アマゾンサイトで登録作業を行えば簡単にできるようになります。ただ、アマゾンで販売していない商品を販売する場合は「大口出品サービス(月額4,900円(税抜)と 販売手数料が必要)になるので、初心者は、簡単な小口出品から実践してみましょう。

ノウハウ習得と明確なポリシーを描いて始める在宅中国貿易

在宅中国貿易は「仕入」も「販売」も専門サービスを利用すれば誰にでも開業できることはわかりました。しかし、本格的に開業するためには「何を売るのか?」「どうすればたくさん売れるのか?」という不安が膨らみます。独学だと見えない部分はまったく気づかないことも出てくるため、専門のスクールなどで具体的な方法を学習することが一番です。しかし、その前に確認しておきたいことがあります。それは、「どんな人たちに、どんな商品を販売して、どういう笑顔につなげたいか?」ということをはっきりしておくことです。衣料品の知識もブランド品の知識もまったくないのに、「じゃあ、30代から50代向けの商品を売ろう」と考えても、無理があります。
知識もそうですが、「この商品が好きでたまらない」という意識も重要です。「ロボット掃除機なら誰にも負けない知識がある」というのであれば、関連商品を探してみるのも良いでしょう。

まず、アマゾンで商品検索をしてみましょう。そこで、「売れ筋商品の共通点」や「ニッチなマーケット」「まだ提供されていない潜在マーケット」などを自分で分析します。
それから、タオパオなどを検索してみましょう。売れ筋商品であれば原価計算をしてみます。ニッチな商品や未開拓のマーケット商品ならターゲットを明確に描きます。こうしたシミュレーションをしたうえで、小さな単品から開始してみる、あるいはスクールで本格的に学ぶことを考えてみましょう。

まとめ

人にはそれぞれ個性があり、経験も違います。しかし「儲けたい」という意識は誰にも共通しているはずです。そして、一般の人たちが「儲けたい」を実行するために必要なネットサービスがどんどん登場しています。求めている様々なサービスは「検索ワード」によって探し出すことができます。在宅中国貿易も今、そうした流れに乗っているビジネスモデルだと言えます。日本の市場が一気に縮小することは考えられないことから、チャレンジに値するビジネスだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です