在宅中国貿易スクールについて~儲けのしくみと可能性

安い価格で仕入れ日本のマーケットに合う価格で販売することで利益を生み出す商売が「在宅中国貿易」です。個人で開始するだけならネットで「しくみ」を理解すればできます。「利益率が大きい(簡単に儲かる)」「在宅の副業でもできる(簡単に始められる)」という喜びを味わうことができるかもしれません。しかし、「成長の可能性を秘めている」という長期戦略はどうでしょうか。独学だと「見落としや解釈の違い」も多く、利益が上がらなくなり途中で挫折することも考えられます。独学の弱点を補うために在宅中国貿易スクールは重要な役割を果たしています。

ビジネスとして体系化されているか?

教室の風景の写真

在宅中国貿易は「転売」ビジネスの1つです。ヤフオクで安く仕入れて、ヤフオクや自分のショップで売ることと同じです。言葉でイメージすると簡単な話ですが、ちょっと考えると「何が売れるの?」「どうしたら安く仕入れられるの?」「いったいどれほどの数量を売れば儲かるの?」など、次々と疑問が浮かび上がってくるはずです。
「伸びない個人起業家」には共通点があります。
ホームページ制作業で考えてみましょう。ソフトを使えばちょっとした知識があれば簡単に作ることができます。問題は2点あります。「進化する技術への対応」と「販売戦略」です。

まず、初期のホームページとは比べられないほど、高度なデザインと複雑なプログラミングへの対応が求められるようになってきました。体系的に基礎を学んでいないと、途中で競争から脱落します。
もう1つは、販売戦略です。技術面で競争から遅れ始めても対応できる、新たなニーズを開拓するノウハウです。体系化された経営学やMBAの知識があれば、次の展開を冷静に組み立てることができます。
在宅中国貿易スクールは「実践手法を体系化した実践プログラム」を用意し、「安定と成長経営に向けたアドバイス」を行うことで成功者を増やしています。

成功セオリーに基づく実践手法があるか?

コミュニティがしっかり構築されているか?

在宅中国貿易は、1つのビジネスです。最初は副業で始めますが、個人起業家であり経営者です。販売の問題はもちろん、将来は確定申告などすべて自分の力で行う必要があります。モチベーションを維持しながら、利益を拡大する努力を続ける姿勢が求められます。
人脈には「同期」も含まれます。特に在宅中国貿易スクールのように、同じ目標を持った人たちが集まるコミュニティは重要です。ライバル関係の中でも「みんなで成功したい」という仲間意識が芽生えるものです。一緒に努力することによって、独学では味わえない高い目標達成意欲も生まれます。

独学で受講料を払わなくても、ネットなどでしくみを分析することはできます。しかし、短期間で成功体験を味わうと同時に、「開始3年後の年商〇〇〇万円」という中長期の目標も必要です。計画的に事業を拡大するためには、実践手法の習得とともにモチベーションが求められます。
有名な在宅中国貿易スクールは、個別の課題対応力とともに、同期生のコミュニティを大切にしています。スクールは、目に見えない大きな役割を果たしていると言って良いでしょう。

まとめ

ビジネスを軌道に乗せ発展させるという視点で、在宅中国貿易スクールの優位性を再確認しました。「ダメだったら止めれば良い」という考え方で開始すると、常に逃げ道に迷い込む恐れがあります。逆に「半年後に月商30万円を達成する」と決めれば、「最善策はなに?」と対応策を考え、「どうすれば出来る?」と実践的な対応策を考えます。こうした実践手法を実行するときに、在宅中国貿易スクールの体系化されたカリキュラムやアドバイスは大きな支えになるということを確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です