在宅中国貿易スクールについて~実践的なビジネスモデルを学ぶ

在宅中国貿易の魅力や儲けを生むしくみについて紹介してきましたが、実際に在宅中国貿易スクールを選ぶヒントを紹介します。在宅中国貿易スクールというとまずパイオニアの鈴木正行氏の名前が挙がります。鈴木氏が取締役副社長を務めるハイパーマーケティングホールディングス株式会社のホームページを見ながら、在宅中国貿易スクールを選ぶポイントを考えてみます。さまざまな情報が氾濫する中で、多くの受講生から高い支持を得る秘密が見えてきます。

在宅中国貿易スクールが具体的なカリキュラムを公開しない理由とは?

学習風景の写真

ハイパーマーケティングホールディングス株式会社の「在宅中国貿易ビジネススクール」のホームページを開きます。そして「カリキュラム」を詳しく見てみましょう。
見つかりません。なぜでしょうか?

在宅中国貿易の一例を紹介すると、中国のオークションサイト「タオパオ」から個人輸入代行業者を通して売れ筋商品を仕入れ、「AmazomFBA」などで販売を自動化するビジネスモデルです。つまり、全体のフローは広く知られています。
しかし、在宅中国貿易を成功させるために必要となる情報は、しくみを知ることではありません。実際に運用することです。「売れ筋商品の探し方」であり、「販売モデルの具体的構築方法」なのです。
売れ筋商品を探す方法として、アマゾンに出品したときに表示される価格を見ながら探し出す方法があります。こういった、具体的な方法が在宅中国貿易の成否を決めるカギとなります。
在宅中国貿易ビジネススクールが、カリキュラムの項目を公開しない理由は、項目そのものがノウハウであるためだと考えられます。
また、受講生それぞれが、学習だけでなく在宅中国貿易を実践するという理由もあります。個別に「売上が上がるしくみ」を、短期間で実際に構築しています。

在宅中国貿易ビジネススクールの目的が、具体的な手法を紹介するとともに、個に応じた指導とサポートをするという観点から、学習項目そのものが「成功ノウハウ」です。逆に、公開していないテクニックを使うことこそ、儲かる方法だということがわかります。

ホームページに公開された受講生の写真から見える価値とは?

掲載された受講風景や受講生の集合写真を見てみましょう。受講生数が多いことと、全員が笑顔でハツラツとしている点に注目してみましょう。在宅中国貿易ビジネスの人気と、やる気を感じます。全員が、「成功する」という強い意志に基づいて受講していることがうかがえます。

「ネットビジネスを実践してみたい」「個性が発揮できる仕事をしてみたい」、そして「お金も儲けたい」というのは多くの人が抱く「夢」です。在宅中国貿易ビジネスの目的が「副収入を得る」ことに違いありませんが、もう1つの価値が隠れています。つまり、「貿易」という1つの手段を通して、多くの人が抱く「自分の夢を形にしたい」という自己実現欲求を支援している点です。
こうした個のモチベーションに影響を与えるスクール運営は、受講生全体のライバル意識と連帯意識の醸成につながっています。コミュニティの役割を果たし、受講終了後もお互いに情報を交換する人脈づくりにも一役買っていると言いうこともできます。

受講中の相談体制やアフターフォローでわかるスクールの価値とは?

ハイパーマーケティングホールディングスの在宅中国貿易ビジネススクールの大きな特徴として、担当講師のマンツーマンサポートや、仕入商品の事前チェックがあります。自分で「売れる」と選択した商品が実際に売れるかどうか、実践に沿った判断に基づいたアドバイスを受けることができます。
実際のカリキュラムは「売上目標を設定」して「実践する」方法で進められます。具体的な支援は、独学では絶対に得られません。ここが、在宅中国貿易を一定期間に成功に導く重要な点です。

「考えてもわからないのでとりあえず仕入れてみて様子をみよう」という判断をしていては、失敗の連続を経験することになります。体系的に整理された情報から、可否の判断とその根拠となる考え方を知ることができれば、効率よく自分のビジネススタイルを構築することができます。
ビジネスの基本は、目標に対して結果を出すことです。中国貿易を実践しながら、効率よく販売する「実践ノウハウ」を学ぶことができるのが在宅中国貿易スクールの特徴です。

まとめ

在宅中国貿易ビジネススクールは、独学では得られない個別の指導を行っていることがわかりました。スクールに対して「受講料が高い?」といった情報も見られますが、受講料は「求める価値に対する対価」です。「ビジネスモデルを体系的に学ぶことができる」、「成功セオリーに基づく実践手法が身につく」、そして「意欲を高めるコミュニティ運営」など、ビジネス成功に導く実践的な手法を学ぶことができる点が重要です。ホームページで公開されていない情報の裏側を読み取り、隠れた価値を見つけることこそ「売れ筋商品」を発掘する思考技術の1つと考え、自分にとっての価値を探ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です